2006/10/29/ひぐらしがきやんだ頃の舞台探訪【2】


ひぐらし舞台探訪もいよいよ2日目に入りました。
とりあえず一番心残りなのはカメラのメモリ残量が足りなかったことです…
メモリ温存のために画質を少し落としている写真もあるので、少し見づらい場所があるかもしれません。


■■二日目

 
朝8時ごろ起床。なんとなく撮った宿の縁側からの景色です。
非常にいい天気になりそうです。

しばらくして朝食。なんというか久々にちゃんとした朝食をとった気がします。
やっぱり本来の朝はこうでなくては…
朴葉味噌は非常にご飯に合いました。

午前9時、宿を後にして再び舞台探訪に出発です。
一日目に一度ぐるっと回っているため、今日のほうがひぐらしの背景元を回るという意味合いが強いような気がします。
そういう意味でも今日は昨日にも増してガンガン撮っていくつもりでしたが、この時点で既にメモリの残量がやばいということで、パッと見いらなさそうな写真をいくつか削除することにしました。(このときに少し削りすぎた…



●沙都子橋候補&レナとの待ち合わせ場所候補へ

まずは昨日から気になっていた沙都子橋候補の橋へ向かうことにしました。

昨日とは違うアプリーチで集落の中心部へ向かいます。
ここいらは河原になっていて、綿を流す川のモデルでもあります。
…背景元の写真撮って無いけどね。

しかたないのでメインな橋の下からの一枚を載せておきます。
そのまましばらく歩いていくと…


到着しました!もしやこれが沙都…

ではなさそうです。確かに赤いんですが、なにか根本的なところが違うような…
思ったよりも老朽化していましたし、しかも橋の入り口の時点で立ち入り禁止になっているところをみると、どうもこれではないようです。
しかし白川郷でのそれらしい橋はもう無いようなので、沙都子橋は完全に別の場所にあるということになります。
果たしてどこにあるのだろう…?

とりあえずこのあたりは何かいろいろと荒廃してて、いま思うとなんか背景っぽかったような気がします。
写真撮ってないのが悔やまれます。


そして次はまたもや昨日から気になっていたレナとの待ち合わせ場所っぽい場所へ…

こっちは当たりました!
間違いなくレナとの待ち合わせ場所です。

調整して撮ったつもりなんですが、どうも角度がおかしい…
もうちょっと左前のほうから撮れば丁度良かったと思います。
…が、そこは確か溝がありました。もしかしたら田んぼの中に入って撮影しないとダメなんだろうか…?



●再び展望台方面へ


一日目にも訪れた展望台方面への道。どうにも気になるのでまた行ってみることに…
と、その途中になんとなく撮ったこの写真ですが、どうやら○の家がレナ家だったようです。
どうやらレナ家は2つの家を合体させているとのことです。しかしやたら近接していますね…

実は一日目も一応気づいてはいたんですが、いまいち確信が持てずにいました。
しかし近くから撮った画像消さなきゃ良かったな…


そんなわけでまたもや梨花ちゃんハウスまでやってきました。

そしてこの前を通る道路。前回は下から上に向けて撮ったんですが、それがいけなかったようです。
少し坂の上のほうに上がって、そこから下に向かって撮影してみると・・・


…嘘だッ!!!

まさにここですね。これで気になっていたところがなくなってすっきりしました。
道路上ののマンホールを目印にすると撮影しやすいとか。

そしてここで気づきました。もしかしたら向こうに見える家って・・・(上の写真中央の家の後ろ


鉄平邸ーーーッ!!
(壁紙・1024×768)

やはり北条家でした!!
しかしここ、何気に梨花ちゃんハウスの目と鼻の先ですね。これじゃ沙都子がすぐに鉄平に見つかるのも無理は無い・・・


逆側から一枚。
(壁紙・1024×768)

この視点も結構出てましたね。ちなみに左奥に見えるのが嘘だ坂です。
これはまた相当な至近距離ですね。

 
別写真。
『あ〜ん?なんじゃいおんどれ!』って言いながら鉄平が出てきそうな気がします。

しかし梨花ちゃんハウスと鉄平邸、嘘だッ坂、レナ家はやたら集中してることが判明したわけで…園崎家も十分近いですが。
やっぱ圭ちゃんだけやたら遠いなぁ…


通りがかった園崎家を別の視点から一枚。見にくい・・・



●園崎家の庭園へ

とりあえず大体の目立った場所は回りました。
あと残っている有名な背景といえばそう、園崎家の大庭園です!

どうやらここの背景元は集落におけるはずれのほうにあるとのことで、歩いて行ってみることにしました。
 
トンネルを通って集落の外側から向かいます。
右の写真は川の逆側から撮影した沙都子橋もどきです。橋のこっち側がトンネルのちょうど中間あたりに伸びています。
これでは普通に考えてこちら側からも渡れそうにない…

数分後、白川郷における野外博物館、合掌造り民家園と呼ばれる場所に到着。
ここでは集落とは別に展示用の合掌造りが数多く点在しているということで、早速入場。


早速出てきたのが魅音との待ち合わせ場所である水車小屋です。
水車は普通に動いていて、中では非常に良い音出してました。

後で調べてからここが待ち合わせ場所だということを知ったので、まったくもって視点がずれてます。
もうちょっと右に寄ってカメラ左に向ければバッチリだったのになぁ…

とりあえず一行は問題の景色を探すために順路に沿ってウロウロと…そして、


園崎庭園!

ついに発見!!でも案外簡単に見つけられました。
少し高台になっているところから、下に向けて撮影しています。

これでとりあえずここでは撮影するのは特に無くなったので(本当はもっとあるんですが、私たちが知らなかっただけ…(汗
今後はそこらで撮った写真をどうぞ。
 

 
合掌造りの内部に入れるところが多く、なかなかいろいろと見られていいですね。

そんな中、ひとつ気になったのはカメムシ…なんかそこいらに物凄い大量発生してました。
民宿の人も今が一番多い時期とは言ってましたが、恐ろしいくらいにカメムシまみれです。
飛来している虫の、その95%はカメムシなんじゃないかと!

そして合掌造りの家の裏には消火用と思われる小さいため池があることが多いんですが、
よく見るとこの池で沢山のカメムシたちが泳いでるんですよね…はじめアメンボかと思いました。

そして実は1日目に泊まったときもカメムシが部屋内で5匹くらい見つかってます…


にぱー☆

ハイ、これはある合掌造りの家の中で見かけた来訪者ノートの中です。
まさかと思い開いてみると、案の定とらのあなの各フロアにあるノートのようなノリでした。
…だが、それがいい!

 
疑惑の階段発見。
もしかしたら園崎家の地下への階段はこっちか?と思いましたが、どうにも違うみたいですね…


白川郷唯一、普通に3階まで登ることのできる合掌造りです。その3階での一枚。
ピンボケしますね…暗いとなかなか難しいです。
下が網目ってのと、歩行可能な場所が写真に見える長い板2枚なので、結構足がすくみます。


鯉。すまんがエサになるようなものは持ってない…


園崎家の庭園を逆側から撮影した構図です。
こっちの視点もゲーム中にありそうなんですが、無いようで…

しかしこの野外博物館、思ったよりもボリュームがあってなかなか楽しめます。どちらかというと明治村とかリトルワールド的な感覚ですね。
白川郷に行ったら是非ともどうぞ。入場料かかるけどその見返りは充分あると思います。

そんなわけで私たちもここでしばらくの間滞在してました。アイスクリームうめぇ。
白川郷には結構そこらでアイスクリームが売ってることが多いんですが、どぶろくだとか栃の実だとか特別な味なんですよね。
中でも古手神社の傍にあるアイスクリーム屋は一番美味しいんじゃないかと。
カップまで美味しいというのはメンバー全員が保障済みです。(あ、うらき〜君はカップ食べてなかったような…



●再び、古手神社へ

一日目に視点を間違えて撮ってしまったこともあり、再び神社へ。

そうです。この視点が正しいですね(実際違いが微妙すぎて比べないとよく分からん…


この視点も回収しておきます。割に簡単に撮影できそうですが、結構変な場所から撮ってます。
ってこんなところに木の杭が?


これは神社の賽銭箱前から逆向きに撮影しています。
確かこんな視点もあったような…と思い撮影したんですが、後で調べたところちょっと近すぎますね。
てことは賽銭箱の向こう側から撮影しないとダメなんだろうか…

というか回収する以前に画像サイズが640×480っていうのがどうにも…


昨日も見た絵馬のほうを何気なく見てみる…

と…



なんか明らかに数点増えとるーーー!!

とりあえず昨日と今日の日付の絵馬が新しく増えていました。
やはり私たちのほかにも同士が大勢来てるということなのか…ッ!


思わず描きたい衝動に駆られましたが、黒歴史になりそうなのでここは押さえました…
でもねこ’さんは描いてほしかったようです。
いや、流石になぁ…(微妙に後悔してる自分


●白川郷外れへ…

さて、とりあえずこれで白川郷内は一通り回りました。
これで残りの見つけておきたい目立った建造物は前原邸、雛見沢分校、沙都子橋、ダム関係、祭具殿などですが、これらは白川郷内ではないので少し遠くに行かねばならないようです。

とりあえず前原宅があるのは白川郷IC方面だということを以前調べたような気がするので、そっち方面に歩いていってみることに…


が、歩けど歩けどまったくそれらしい建造物は見えてきません。
20分ほど歩きましたが、それらしいものが見えてこないので引き返すことにしました。

ですがこの方向、先ほど入江診療所をずっと見ている人たちが引き返してきたんですよね。
その人たちを見たのがちょうど北条家を撮影して少し後のことなので、もしその後に白川郷IC方面に向かったのならば、相当な時間をかけて往復してきたということになります。
ということは考えられることとして、前原邸は歩いていくには遠すぎる場所にあるのではないか?という結論になりました。

なぜその人たちが前原邸目当てだということが分かるのかって…?
そりゃ定休日の診療所で、ひたすらあのひぐらし視点の位置で眺める人なんてのはそうはいません!(一日目に自分で実証済み


そんなわけで今度は車を使って白川郷IC方向へ行く事にしました。
各自お土産を買って、駐車場へ…

そんなわけでこれで白川郷とはお別れです。次に来たときは金鍔をおみやげに買っていこう…


youをバックに葛西の運転する車内です(違

渋滞もあいまって大体20分後…白川郷の道の駅へ到着しました。
話によるとこの裏にあるみたいですが…

あ!


あああ!

感動して走ってきました!
ついに発見、前原御殿です!!

ようやく目にすることができました…
さすがに雛見沢一の高級住宅…でかいです。圭一の父は同人作家とのことですが、一体どんだけの大手やねん!?
それ以前に昭和58年に同人という概念があったのかが知りたい。

 
とまぁなかなか奇抜なつくりをしている前原邸ですが、その真相は白川クリーンセンターという公共施設になっております。
中に入りたい衝動に駆られましたが、さすがにそれはムリですね。

ところで圭一宅内部のモデルは近くにあるお蕎麦屋さんみたいです。さすがにそこまでは…


前原宅から逆向きに一枚。
本当に周り50m以内に何もないところです。
ここからレナとの待ち合わせ場所までは相当あるぜ…歩いていけない距離では無いんですがね。

ちなみにあとで知ったんですが、ここの近くがダムの工事現場のモデルになってるみたいです。

まったく視点が分からなかったので適当に一枚撮影。
なにやら後ろのクレーンがそれっぽいんですが…もっと近づくべきだったか…!


そして道の駅を挟んで逆側、そこにあるのは古手神社に行ったときから待ちに待った…


祭 具 殿 !

もとい、飯島八幡宮と呼ばれる神社です。
折角なので5円を奉納することに・・・

と、なんと跳ね返りましたよ!!!
中央付近の開いている場所から入れるんですが、木の枠ではなくてお金を滑らせるためのすべり台の角によって外へ弾かれました。
今思うと写真写しとけばよかったんですが、ついつい忘れてしまいました。
しかし本殿じゃなくて祭具殿で跳ね返ってもな…

ちなみにその中央の穴から中を覗いてみると…!
…仏像がありました。

と、そこでここを後にしてしまったのがいけなかった。
どうやらこの左にあった建物、それは圭一がバーベキューのプレートを洗った水道がある建物、らしいです(長ぇ
そんなのさすがに気づかないって・・・

 
とりあえず適当に撮っておいたものを…
ちなみに右のほうにある鉄骨はどぶろく祭りのためのものだとか。



●ダム殺害現場を目指して

とりあえずこの時点で舞台探訪としてはもう満足してました。なんといっても前原邸の効果が大きいです。

でもよく考えたらまだ肝心の学校を取ってないわけで・・・学校を撮るまではまだまだ終わるわけにはいかない!!
とりあえずダムのモデルである御母衣ダムは私たちの帰る方向と同じなので、それを目指すことにしました。


とはいってもダムに至っては資料が全く無いので、とりあえず一日目に写真を撮ったダムセンターに立ち寄ることにしました。
これはその施設の一部です。決してレナのお気に入りの場所とかじゃありません。


ダムセンター付近をぐるっと回ってみましたが、それらしいものはなし…しかたなく後にして先に向かうことに…
その道中、唐突に立ち入り禁止場所のような場所を発見!

必死に助手席からカメラを後ろに向けて撮影したんですが、デジカメのピント合わせる時間により時すでに遅し…非常に悔やまれます。
確か○に囲んだあたりです。

ここを後にして暫く行くも、それらしい景色は全く無し…
後で分かったんですが、どうやら来た道の中間に展望台があり、そこから色々と撮影できたようです。
そういえば僅かにそれらしい場所が見えたような…

ダムセンターの裏側の道にも気づかずにスルーをかましてしまったこともあり、今回最大の失態ですね…


適当に撮影した御母衣ダムの一部。夕日が映えてなかなかいい眺めでした。


あとここら辺は荘川桜というのが有名らしいです。

そんなわけで訪問しました。
本来ダムになる場所から移動させてきた野桜みたいです。
桜の移動は他の樹木より難しいらしく、プロジェクトXにもそのネタが放映されたとか…
季節が季節なので咲いているところは撮影できませんでしたが、それでもなかなかのものですね。

 
ちなみに周りにいくつかある色違いの棒は、桜本体を支えるためのものです。もう寿命なんでしょうねぇ・・・



●雛見沢分校、そして沙都子橋

午後4時・・・そろそろ暗くなってくる頃です。
時間が無い中、いまだに学校を見つけられずにいました。

最後の望みに賭けながら道をじっくり観察してたら.…
ふと赤い橋を発見!!
もしかしたらあれが沙都子橋ではないか!?ってことで引き返してもらいました。


とりあえず方向転換するために先まで行った際、電池を買うために立ち寄った道の駅にあった巨大水車です。
確かに巨大ですねぇ…どうやら日本最大の水車であり、名物だそうです。
世界最大じゃないっていうのがまたミソですね。

そんなわけで赤い橋があった場所に戻ってきてみると…


唐突に学校発見!!

橋を見つけるために戻ってきたのに、まさか学校を発見できるとは思いませんでした!!
周囲は簡単な囲いがしてあって、下手すると入ってはいけない的な雰囲気を感じましたが、誰もいないし、日曜なのでいいでしょう(ぉ


近接で一枚。本当に古い建物です。
ゲーム画面で見るよりもさらに老朽化してるように感じますね。
もはや入口は入れそうに無い…

 
ぐるっと回っては見たものの、バットや水鉄砲はありませんでした…(当然

ちなみにここ、もしかしたら近いうちになくなってしまう可能性があります。
実際周りにはショベルカーとかがとめてありました。舞台探訪としての存続の危険度はかなり高いんじゃないかと。


グラウンド・・・?
ううむ、コンクリートの道と作業車のせいでよくわからない…


そしてその学校の後ろには、あの橋が…!
日も落ちてきたので、今回の舞台探訪のラストとなりそうです。




沙都子ーーーッ!!

今度こそは本物です。ついに本物の沙都子橋を見ることができました!
橋の向こうまで渡るか迷いましたが、この時点で既に侵入中ということと、時間も無いとのことで、断念しました。


そして後で知ったんですが、どうやらここの橋から鬼が淵が撮影できるとか…

橋の上から下の川のほうも撮っておこうかとは思ったんですが、ここでメモリを丁度使い切ってしまい画像消すのにいろいろ戸惑ってました。
まぁ下に下りる時間まではさすがに無かったんですが、おそらくは脇から川のほうに降りていくことが可能だったような気がします。

ていうかかなり高度ありますねここ。圭一よく落ちて助かったな…


ツーショット。まさか学校と橋とがこれほど近いとは…


そんなわけで今回の舞台探訪、これにて終了です!
1日目とあわせていままで見てくださった方、ありがとうございます。
ダムが撮影できなかったのは少し凹みましたが、最終的には学校も見つかり、いい感じに終わることができて非常に満足しています。

しかしこれだけ回っても、まだまだ撮影できなかったところは数多くあるんですよね。
雛見沢村から出るための唯一の道なども、場所の特定がなかなか難しく撮影できませんでしたし、ひぐらし解のタイトル画面とかは普通に忘れていました。

やはり時間が無くてほとんど資料を作れなかったというのが失敗の原因ですね。
まぁそういうものが無かったからこそ、いろいろ回っては失敗したりして楽しめたとは思うので、それはそれでよかったんですが。

また機会があったら是非とも行きたいですね。特にダム関係へはリベンジってことで。
撮影できなかった箇所を補完するという意味以外に、観光としてもなかなか楽しめる場所だと思います。


 
帰宅中での車の中&家の近くです。

冬にまたひぐらしのおまけシナリオという意味合いで、ひぐらしのなく頃に礼というのが出るとのことなので、そちらのほうに新背景とかあったりするとまた意欲を駆り立てられそうですね。

そんなわけで、お疲れ様でした!


●●一日目へ戻る●●

◆TOP◆