2010/9/25 ダムれぽ第5話:愛知編2


矢作ダム、小里川ダムを巡った前回のダム旅行から1週間後のお話です。

たまたま家にやってきたねこ氏との飲み会中になんだかノリでダムに行こうぜ的な話になり、
前回のダム旅行の余韻が抜けないうちにねこ氏の車で愛知は新城までやってきたというわけです。


というわけでどこなのか分からない人向けに久々のMAP説明です。

MAP下の湖は浜名湖です。今回向かうことになったのは○印のある2箇所、宇連ダム&大島ダムです。
近そうなダムはないかとダム便覧とかを調べた結果、交通の便を考慮してここが最適なのではないかと勝手に判断しました。
(S氏とアイシはすでに行っちゃってるみたいだったしね。)

この2箇所はどちらもダムカードがあり、しかも道中にもう1箇所ダムじゃないけどダムカードをもらえるところも寄れるという・・・
これはまさに愛知のダム街道といっていいほどの都合のいいルートなんじゃないでしょうか・・・!

飯田線を沿っていけるというのも鉄道好きとしてはうれしい限りです。


途中喫茶店で休憩。
新城ってはじめてきた気がしますけど予想通り何もな・・


記念に新城駅を一枚。飯田線も一度はまじめに乗ってみたいですね。


というわけで早速ひとつ目に到着。ここが大野頭首工です。
何それ的なネーミングな場所ですが、なんとここでもダムカードが貰えるとの情報を見てやってきました。

結構分かりにくいところにありまして、この看板も一度は通り過ぎてしまいました。
三河大野駅の近くにあるというところまでは分かってたんですけど、地図にも微妙な感じにしか載ってないので正直よく分からんという・・・
たまたま道を間違えたら看板があったというなんともラッキーな発見で事なきを得ました。


車を止めて川沿いに歩いていくとすぐに現れました
うーむ、木がいい感じに邪魔してくれてるせいで上手く取れませんがこれがそれです。
放水はしていない様子で少し残念。



<ダム説明L:大野頭首工(愛知県)>
豊川用水の取水のための施設。水源は宇連ダムと大島ダム。豊川用水の取水口がある。


・・・以上!
というわけでダムというよりかは堰ですね。
これから向かう予定の宇連ダムと大島ダムからの水を取水する施設です。

やはり普通のダムに比べると小ぢんまりとしていますが本日一発目としてはなかなかのものではないでしょうか。
一応形式上は重力式コンクリートダムです。


というわけで早速ダムカードを貰いに管理所へ。
正直誰一人近くにいなかったんで休みかと思いましたが呼び鈴を押したら管理人さんが出てきてくれました。
こういう施設って休日は以外と休みだったりするので強攻で来るのは意外と勇気が必要です。


本日一枚目ゲット。
こんなところにダムカードがあるなんて初見殺しですよね絶対。


ではあとはうろうろ見学させて頂くとします。

ダムには恒例の案内板もしっかりありますね。


水利使用標識。修正多いわぁ。


下まで来て見ると意外と巨大なことが分かります。


ローラゲート×3というわけで全体的に小さい分ゲートの占める割合が大きいせいかなかなかの迫力があります。
ゲートを撮影したいもののこの位置からじゃ無理・・・!
というかダムカードの視点は完全に逆の道路まで行かないと取れなさそうな感じですねー。


向こう側から来た道を撮影。


下流を撮影。
どうもこのあたりは春になると桜がいい感じに咲いて綺麗だそうで。そういうのもそのうち見てみたいものです。


上流を撮影。
放水もしていないので流れもゆっくりです。やはり放水も見たかったなぁと。



左側から水路が延びており、そこから用水路へ伸びてます。取水設備の肝ですね。

というわけで大野頭首工でした。
まぁ堰というものは初めてでしたが、これだけの施設でも立派にダムだなーと思わせる構造でしたね。
ダムのついでという目的でしたが十分楽しめました。

しかし本当であればダムカードのような視点で撮影をしたかったところではありますが、多分逆側から徒歩で来る必要があるので
時間の関係上断念しました。帰りも同じ道を通る予定なのでそこに賭けようか。




というわけで大野頭首工を後にして宇連川上流へ・・・

ところで上の地図を見て頂けると分かるんですが、2つとも同じ位の位置にあるんですよね。
とりあえず事前情報では大島ダムのダムカードは宇連ダムの管理所でしかもらえないらしいということなので、
先に大島ダムへ行くことにしました。


ダムへの道中にしては割と整えられた道路を経て管理所に到着。でも無人のようです。


というわけでまずはダム湖です。
うあー水の色が見事に黄土色ですね。
どうも宇連ダムの管理所のおっちゃんによるとこんな色になるのは結構珍しいみたいで、台風の後だからみたいです。
普段はもっと青々としてるとか。

というか取水設備がやたらでかいんですけど中は一体どうなっているんだろう。


対岸の岩場には大きく看板が。


やはり取水設備がでかい!
近くまで来ると圧倒されます。中は一体どうなっているんだろう。
しかしなんだか外装がおしゃれですね。街中にあっても全然おかしくない感じです。


おお!流れてるじゃないか!

<ダム説明M:大島ダム(愛知県)>
宇蓮ダムとともに、愛知県の渥美半島などに水を供給する豊川用水の水源。大島ダムでは、農業用水と水道用水を供給している。
選択取水設備が大きく見える。


ダム便覧より。

渥美半島まで供給するとかえらい遠くまでいくものです。
というか選択取水設備が大きく見える。って説明あるけど大きく見えるんじゃなくて大きいが正しいのではないだろうか。
ちなみにこのダムは竣工が2001年なのでかなり新しいほうです。



というわけで台風が過ぎた後というのもあり満水状態。いい感じに越流が見られました。
このダムはどうも自由流越のシンプル構造のようですね。

しかし越流風景を見られたのは案外久しぶりかもしれません。大田川ダム以来かな。


流れる水の波紋が実にいい感じですね。動画で見せられないのが残念でしょうがない!
これだけの面積で流れてるのは初めて見たので圧倒されます。


脇から。


最後にダム湖側。
ちなみにこの湖の名前は朝霧湖です。かっこいいじゃないか。


というわけで大島ダムでした。
このペースでラス1行きましょう!!




ちなみに本当は大島ダムをなんとか下から見上げられないかと思い道を探したものの通行止めで断念しました。
あきらめて飯田線をまたいで宇連ダム方面へ・・・


数分で到着!
って早速ベストアングルな位置じゃないですか。というわけで一枚。
先ほどのこじゃれた感じの大島ダムに比べて重力式!といった感じの重力式コンクリートダムっていう第一印象です。

<ダム説明N:宇連ダム(愛知県)>
大島ダムとともに、豊川用水の水源になっている。ダムから放流された水は、下流の大野頭首工や牟呂松原頭首工で取水され、水路で渥美半島などに運ばれる。水が不足しがちな地域を潤している。


竣工が1958年ということで大島ダムに比べて50年も昔からあるダムです。そりゃ無骨な感じにもなりますね。



看板。初めはウレンダムかと思ってましたがウレダムとのことです。
とりあえずダムカードは大島ダムと宇連ダムを無事ゲット!(写真は撮り損ねたのであとで・・・)


早速天端を歩きます。


ダム湖です。名前は鳳来湖ということでまたまたかっこよさげなネーミング。
というかお気づきの人もいらっしゃると思いますがさっきの大島ダムと比べて水の色が違いすぎます。
やはり大島ダムの上流で土砂崩れかなにかあったということだろうか。


あれは取水設備です。
さっきの大島ダムとはうってかわって昔ながらのデザインですが大きさはなかなかに大きいです。


なんか明らかに出たら死ぬドアがあります。
階段は外されてるようで今は3階まで登れるかどうか謎です。


取水設備下には恒例化している看板が。


このダムのゲートはラジアルゲート×3門です。本日初のラジアルゲートですね。


ラジアルゲートの巻上装置が格納されている部屋。
おや、右のほうに気になる文字が・・・


つい撮ってしまった。
らめえええ的なそれじゃなくて触るなってことですよね。


放流してませんでしたが水の後があるということは微妙に漏れているということなのか。
でちゃうのおおおおお!!



というわけで途中変な方向に話が反れましたが以上、宇連ダムでした。
感想というと特筆するところはあんまりないかもしれませんが管理所の方は非常にいい人でした。それは確かです。


さて、というわけで本日まわる予定だったダムは制覇し、無事ダムカードも3枚ゲットしてほくほく顔で帰りますかね。
でも時間は丁度昼で思ったより時間があります。

だったら・・・!


更に奥地に行くことにしました。


狙うは一番上のMAPで一番右上のほうにある2箇所のダム湖、新豊根ダムと佐久間ダムです。
実は新豊根ダムのほうは前日行くかどうするか悩んだダムでもあります。
距離が距離なので一度は断念しましたが、写真を見た限りかなり良さげな感じだったのでなんとか行きたいところ。

上手い行き方も道も知らないというどうしようもない状態だったのでとりあえずダムのある方向に向かってみることにしました。

写真はなんとなく休憩で立ち寄った三河河合駅。宇連ダムの最寄り駅がここです。


電車も2時間来ない時間にきてしまったので早々に立ち去る・・・


とりあえず地図を見ると新豊根ダムへの道は県道74号線と県道429号線の2つのルートがあるようです。
このときはなんとなく429号線のほうが見た目的に近そうかなーと思ったのでそちらにしようと考えてたんですが、
知らないうちに74号線に入ってしまったのでまぁこっちからでも着けるからいいや的な感じ進みでした。

まさかこの軽い選択がこの先の運命を決めることになるとは・・・


ぐねぐね道につぐぐねぐね道でいつも通りの車酔いに悩まされつつも辛うじて中間地点のそば屋に到着。
ここで昼食です。茶そばなんて久々な気がする。


そば屋外から撮影。いい景色ですね。同じ愛知県とは思えません。


再びぐねぐね道を進みます。
かなりきつかったんですがそうそう、ダム巡りって本来こういうものですよね。


何時間経ったのかも分かりませんがようやくダム湖であるみどり湖に到着・・・!
でも走れど走れどダムは一向に現れず。
なにこの焦らしプレイ。


それもそのはずで、上流側から来たせいでダム湖の周りを半周以上させられてたわけです。
と、数分後ようやくそれらしい取水ゲートが・・・


ヤッター!
ようやく到着しました。感動もひとしおです。


さて、念願の愛知の最奥アーチダムは一体どんなものなのか・・・


・・・!

<ダム説明N:新豊根ダム(愛知県)>
アーチ式ダムだが、珍しい非対称放物線ドーム型だという。地質と地形の条件でこうなった。
中部最大の揚水式発電所。

非対称放物線ドーム型・・・
正直アーチ式のタイプの多さには眩暈がしますが、空からでも見ない限り形がよく分かりませんね。

とりあえず初見の感動に浸りながらまずはダムカード確保の儀式です。
管理所というか操作室で無事ゲット!
しかしここの管理所の人はここで暮らしているんだろうか・・・正直毎日ここへ通える気がしない。


ではさっそく天端まで歩きましょう!楽しみすぎる!!


途中下を見る。うぉえええええ!!


おぇえええええ!!!

写真だと距離感がいまいち沸きにくいですが、やはり100メートル級ダムは迫力がだんちです。これは実際に行かないと体感できません。
カメラを構えるのもなかなか勇気がいるわけで(汗

ちなみに下のほうに見えるは副ダムです。副ダムもアーチ形状とはなかなか可愛いですね。
(とか現場でいってられる高さじゃないです。


自然に私たちの腰も引けてしまうわけです。


逆側から。管理所からずっと下へ伸びるキャットウォークが特徴的ですね。


全体が写るようにとってみたり。うむ、いい感じに撮れた。
しかし見れば見るほどものすごい急坂ですね。さすがに階段じゃないよね・・・?


次にゲート関連いきましょう。
このダムには中央にコンジットゲート1門と上にローラゲートが2門あります。
コンジットゲートは1年に1回程度しか開かないそうです。放水を見るのは相当な強運持ってないと無理そうですね。


アーチダムには珍しいらしいローラゲートです。


あるぇ・・・拡大しすぎてよく分からない。


巻き上げ装置がダム中央から伸びています。圧巻ですね。


ダム湖方面。こっちは平和ですね。
さっき通りがかかった取水ゲートがよく見えます。



おぅえええええ!!!
逆側はこんななのに対照的すぎるだろ。


というわけで終始たまひゅんの新豊根ダムでした。
正直道中はなかなかの厳しい道のりでしたけどそれを乗り越えてくる価値は十分にありました。
こんなところそうそう来られる気がしないのでシャッター切りまくりでしたけどまたいつか来られるといいなぁ。


と、ここで時間も押してるということで次は佐久間ダム方面へ向かうとします。
さっき行きで使う予定だった県道429号線へ向かいましょう。


ダムの脇にちっこいトンネルがありました。え、こんな所からいくの・・・?
でも地図上では道が確かにあるしということでとりあえず進んでみることに・・・

ガタガタガタ!!


ガタガタガタ!!


ガタガタガタ!!


おいいいいいいい!道が明らかにオフロードなんですけど!
つまり険道ってやつですよねこれ・・・

これはまさか先日の台風の影響かと考え、さすがにタイヤがパンクしたらシャレにならないということで引き返すことに・・・


なんとか無事にトンネルまで戻ってきました。


ちなみにトンネルの中はこんな感じです。水が溜まってます。普通に灯りが無いです。
というわけで来た道をそのまま引き返すことになったので佐久間ダムはおあずけとなりました。
少し残念ですが、まぁ今回シメに新豊根ダムを選んだのは正解でしたね。

ちなみにこのときは台風でこんな有様になったかと思ってたんですけど、後で調べてみたらどうもこの県道は万年通行止めらしいです。
ということはあの時74号線を選んでなかったらこっちにはこれなかったんだなぁと。
ダムめぐりにはこういうこともあるということを勉強したので今度から気をつけなければ。


帰り道。レアコンビニのLICSがあったので撮ってみたり。

そういえばやらないといけないことが残ってました。
新豊根ダムの迫力ですっかり影が薄くなってしまった大野頭首工を逆から見るというやつです。


車から逆側を頑張って撮影してみたもののなんだかビミョーな感じに・・・
まぁ、残念だけど別にいいかw


と、いうわけで後半のダムカード3枚です。
これで今日の獲得枚数4枚。愛知県はあと矢作ダムで完全制覇です。現地には行ったんだけどね・・・
ちなみに右下の端のカードがすぐに何か分かる人はなかなかマイナス方向に凄いと思いますがまぁそんなことはどうでもいいです。


ではまた次回のダムれぽでお会いしましょう〜
次回は近いうちに更新できるといいんですけどなんかどんどん写真枚数が増えてるような・・・


◆MENU◆