2012/09 ダムれぽ第10話C 京都奈良編 -擬似的コンバイン-


ぬのめ!!

やってきました布目ダム。本日7箇所目です。
この管理所のでかさ。天理ダムとは大違いです。さすが水資源機構といったところか。

<ダム説明その37箇所目:布目ダム(奈良県):重力式コンクリートダム>
ダム本体の施工に当たって、合理化施工法である拡張レヤ工法を日本で初めて採用。
コンクリート打設の省力化と工期短縮を実現。ダム施工技術の進展に貢献。
重力式コンクリートダムの右岸側の隣接して、堤高18.4m、堤頂長128.0mのロックフィルダムがある。
二つの構造の違ったダムがあるようにも見え、また複合ダムのようにも見えるが、これはダムではなく、
「右岸鞍部止水処理工」だそうだ。


というわけでダムカードをサクッと頂き、天端を見学しようとしてたらなにやらスピーカから放送がはじまりました。
どうやら見学者が来ると管理所の方が好意で鳴らしてくれるみたいです。
泣ける。


いつものダムカード撮影。

あれ、今回は空撮じゃない…
そういえばここは水資源機構だから近畿ダム協議会発行じゃないんだなってすぐに把握。


天端から下流側です。この奥へ蛇のように伸びていく感じ。いいですねぇ。
下流側には道があるようですが行けるかどうかは不明です。


そしてこれが天端です。
結構長いですね。提頂長322mなので結構な距離です。


巡視艇格納庫です。


それって立ち入り禁止のマークじゃなくてWCのマークなんじゃないですかね。


天端の奥のほうまでやってきました。ここからだと少しは良いアングルで撮れますね。
下流側から撮れれば良いんですが、果たしていけるのだろうか。

ダムカードでもよく分かりますが、
ここのダムは天端から伸びる垂直部分と傾斜部分の色が違うのがなんだか珍しくて特徴ですね。


なにやら先にロックフィル部があります。
コンバインダムっぽいですがさっきの説明にあったとおりあの部分はダムじゃないそうです。
うーむ、永源寺ダムのそれとあんまり変わらない気がしてならん。

ちなみに天端遠くに見えるのはローラスケートのおっちゃんです。私たちが天端を渡りきるまでに3往復くらいしてました。
いまとなってはいろんなダムに行くたびにこのおっちゃんがいるんじゃないかとつい探してしまいます。


このリップラップ。どうみてもロックフィルです。
やはりコンバインダムだよなぁ…良い見分け方があるんだろうか。


最後にダム湖です。
ダム湖名はシンプルに布目湖です。

そういえばこのダムはキレンダムといわれてます。お、久々に登場の木津川流域の直轄系ダム5基の中のひとつですね。
いままでモモレンダム、アオレンダム、ミドレンダムとまわってきたのでこれで残るはアカレンダムを残すのみとなりました。
そしてそのアカレンダムはこの次に行くダムとなります。
この次はいよいよずっと見たかった重力式アーチのダムとなります。
そんな胸熱な感情を持ちつつ、布目ダムを後にしました。


余談。
このダムで一番インパクトがあったのがこの建設碑だったりします。
3つの顔面が怖すぎるんですが…どうしてこうなった。


◆MENU◆